ヘッダーをスキップ

 
国土地理院ホーム > 基盤地図情報 > ダウンロードサービス

ダウンロードファイル形式選択

 
 

以下からダウンロードするファイル形式を選択してください。

基盤地図情報
基本項目(注)


> JPGIS(GML)形式 
基盤地図情報
数値標高モデル


> JPGIS(GML)形式 
基盤地図情報
ジオイド・モデル

> GSIGEO2011(Ver.2)

> JPGIS(GML)形式 

(注):本ページで記載する基本項目とは、
「測量の基準点」、「海岸線」、「行政区画の境界線及び代表点」、「道路縁」、「軌道の中心線」、「標高点」、「水涯線」、
「建築物の外周線」、「市町村の町若しくは字の境界線及び代表点」、「街区の境界線及び代表点」を指す。


※平成28年4月28日より、基本項目の最新データと過去データのダウンロードサイトを統合しました。


※(お知らせ)基盤地図情報数値標高モデル(5mメッシュ)一部データの提供の取り止めについて(平成28年6月15日)

 

・基盤地図情報の複製・使用承認はこちらをご覧ください。
・ワンストップサービスを利用して基盤地図情報の複製・使用承認を申請される方はこちら
・地震に伴う顕著な地殻変動が認められた地域においては、基準点測量成果を改定しています。詳細は、「基準点成果等閲覧サービス」をご覧ください。

利用者登録について

 
 

基盤地図情報ダウンロードサービスは、利用者登録制です。

ダウンロードする基盤地図情報を選択後、ダウンロード実行の際には、IDとパスワードの入力が必要です。

IDとパスワードをお持ちでない方は、下記リンク「新規登録はこちら」から新規登録が可能です。


※平成26年7月31日よりシングルサインオンシステムに移行したため、7月30日までのログインIDはご利用いただけません。
お手数ですが新規登録をお願いいたします。
(既に国土地理院Webサイトにおける他サービスで登録済みの方は、そちらのIDとパスワードがご利用いただけます。)


(以下のリンクは別画面で開きます。)

新規登録はこちら

登録情報の変更はこちら

 利用者登録制とは、ダウンロードにあたって、あらかじめ利用者登録の手続きが必要となるものです。
利用者登録制により、利用者に向けた情報提供など、きめ細やかなサポートを行ってまいりたいと考えております。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
なお、IDとパスワードは、国土地理院Webサイトにおける他のサービスでも、共通で利用が可能です。



データ更新情報 (2016年11月25日更新)



資料・表示ソフトウエア

 

符号化規則

 ダウンロードファイルは、基盤地図情報(公開用)応用スキーマによって定義された構造を持つデータをJPGIS2014(GML)形式で符号化したXML文書ファイルです。


基盤地図情報(公開用)応用スキーマに関する資料は、以下のリンクからダウンロードできます。
■ JPGIS(GML)形式
   基盤地図情報 XMLスキーマ定義ファイル4.1( JPGIS2014(GML) 形式 ) (5.0KB zipファイル)  (2016年10月31日更新)
    ※2016年10月31日以降に提供したデータは、こちらの形式になります。

ダウンロードファイル仕様

 ダウンロードファイルの仕様に関する資料は以下からダウンロードできます。


 ダウンロードデータファイル名定義については以下となります。

 基盤地図情報(数値標高モデル)の種類と概要については以下となります。

          

表示ソフトウエア

 データを表示するための基盤地図情報ビューアは、以下のリンクからダウンロードできます。

  基盤地図情報ビューア (9.23MB zipファイル) (2016年12月5日更新)





データ仕様更新情報 (2016年10月31日更新)





FAQ(よくあるご質問)



お問い合わせ先

 

(C) 2011 国土地理院