国土地理院ホーム > 基盤地図情報 > ダウンロードサービス
 基盤地図情報ダウンロードサービス  
 

◎平成26年7月31日より、統合した基盤地図情報の提供を開始しました。

 従来提供していた基盤地図情報の縮尺レベル2500、縮尺レベル25000、測量の基準点、街区の境界線及び代表点について、1つのデータに統合した形式で提供します。
 縮尺レベルに限定することなくデータ統合し、より精度の高いものを含んだ我が国全域を覆うベクトル形式の基盤データである電子国土基本図(地図情報)から、基盤地図情報項目を抽出しています。 電子国土基本図(地図情報)では大規模な道路の新規供用などを迅速に反映しているため、基盤地図情報でもこの情報が反映されます。
 なお、提供単位を市町村単位から2次メッシュ単位へ、形式はJPGIS(GML)形式のみへ変更しています。
主な変更点


※提供データについてのお知らせ


基盤地図情報ダウンロードサービスは、利用者登録制です。

下記リンク「ログイン画面はこちら」から、IDとパスワードを入力してお進みください。

IDとパスワードをお持ちでない方は、下記リンク「新規登録はこちら」から新規登録が可能です。

※平成26年7月31日よりシングルサインオンシステムに移行したため、7月30日までのログインIDはご利用いただけません。
お手数ですが新規登録をお願いいたします。
(既に国土地理院Webサイトにおける他サービスで登録済みの方は、そちらのIDとパスワードがご利用いただけます。)


ログイン画面はこちら


(以下のリンクは別画面で開きます。)

新規登録はこちら

登録情報の変更はこちら

 利用者登録制とは、ダウンロードにあたって、あらかじめ利用者登録の手続きが必要となるものです。
概略の手順としては、「IDの新規登録」→「ログイン」→「ダウンロード」となります。
利用者登録制により、利用者に向けた情報提供など、きめ細やかなサポートを行ってまいりたいと考えております。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
なお、IDとパスワードは、国土地理院Webサイトにおける他のサービスでも、共通で利用が可能です。



データ更新情報 (2014年9月17日更新)

資料・表示ソフトウエア  

符号化規則

 ダウンロードファイルは、基盤地図情報(公開用)応用スキーマによって定義された構造を持つデータをJPGIS2014(GML)形式で符号化したXML文書ファイルです。
基盤地図情報(公開用)応用スキーマに関する資料は、以下のリンクからダウンロードできます。
■ JPGIS(GML)形式

   基盤地図情報 XMLスキーマ定義ファイル4.0( JPGIS2014(GML) 形式 ) (5.0KB zipファイル) (2014年7月31日掲載)
    ※2014年7月31日以降に提供したデータは、こちらの形式になります。

ダウンロードファイル仕様

 ダウンロードファイルの仕様に関する資料は以下からダウンロードできます。


 ダウンロードデータファイル名定義については以下となります。


 基盤地図情報(数値標高モデル)の種類と概要については以下となります。

          

表示ソフトウエア

 データを表示するための基盤地図情報閲覧コンバートソフトは、以下のリンクからダウンロードできます。

  基盤地図情報ビューア (8.5MB zipファイル) (2014年7月31日更新)





データ仕様更新情報 (2014年7月31日更新)



FAQ(よくあるご質問)



  • Copyright (C) 2011-2014 国土地理院. All Right Reserved.